VビームⅡによる「赤み治療」


Vビーム2は肌の赤みを耐色させ、お肌の色合いを均一にする働きがあります。
お肌の「赤み」の改善だけでなく、肌にハリをあたえる効果もある最新の美肌レーザー治療なのです。
ニキビ跡にもスポット照射で赤みにアタックします。
※毛細血管拡張症・苺状血管腫・単純性血管腫は保険診療の対象となります
こんな方にオススメします
目元にハリ・ツヤをだしたい
長年赤ら顔に悩んでいる
色素沈着したニキビ跡がある
事例紹介
Vビーム2治療は赤いものに効果があるレーザーを使用します。
赤ら顔、赤く残ったニキビ跡、ケロイドなど、血管中のヘモグロビンに働きかかける治療です。
治療の段階でレーザーが線維芽細胞を刺激し、その作用で肌の弾力の元となるコラーゲン・エラスチンが 生成されていく事で、美肌の効果も得られます


Vビーム2治療の流れ・ 診断
血流や血管の太さ,深さなど症状をチェックして、レーザー治療が可能かどうかを診断します。
※血管腫のレーザー治療は症状を改善させるものであって完全になくなるものではありません。
治療前の注意
Vビーム2治療の注意点として、日焼けなどがある場合、皮膚のメラニンに吸収されその下の血管まで届かなくなります。
また照射後に、色素沈着がおこる場合があります 日焼けが収まり、色が薄くなるまではレーザー治療ができません。
照射
この治療には麻酔は必要としませんが、レーザーを照射する際「輪ゴムではじかれる」程度の痛みが あります。
お子様の場合は、麻酔クリームなどを使用し痛みを緩和します。
また照射した部分は炎症が起こり、赤くなります。
治療後はアイスパクで冷却しステロイド外用剤を 処方します。
治療後のケア
治療当日ではシャワー浴は可能です。
治療部分に熱いお湯や治療部位を強くこする事は避けてください。
入浴などで身体が温まるとヒリヒリする感覚が強くなります。
通常の入浴はレーザー治療の翌日から可能です。
治療後の注意
広範囲の照射では腫れる事がありえますが、概ね3~8日で収まっていきます。
また照射後に赤みが続いたり、色素沈着が起こる事もありますが、これも次第に消失していきます。
ご質問・お問い合わせ
必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須メッセージ本文